• Aloha VIP Photo Tour

フツーのボーリング場に本気すぎるレストランが併設されててたまげた件

最終更新: 2018年5月16日

こんにちは。ハワイ在住 "マガジン"フォトグラファーのマルです。


ちょっと前ですが、日本の某雑誌の取材でハワイのボウリング場に撮影に行ってきました。


何でハワイに来てまでボウリング? って気もしないでもないですが、


そこはもちろん観光客が訪れる場所ではなく、純度100%のローカルの遊び場。


そりゃローカルたちも海とか山ばかりでなく、たまにはボウリングもやりたくなりますよね。




訪れたのはホノルル空港の北に位置するアイエアというエリアの Aiea Bowl 。


場所は ここ です。ちょっと旅行者は行きにくい場所ですね。ワイキキから車で20分くらいでしょうか。


Yelpだとこちら




場内に入ってみるとこんな感じです。


いたって普通なボウリングレーン。日本の地方都市にありそうな感じ。レーン数は結構あります(数え忘れた) (PHOTO/Tomohito Ishimaru)

常連のおばっちゃんと店員さんがあーだこーだといつもの会話。客はローカルの常連がほとんど (PHOTO/Tomohito Ishimaru)

ショッピングセンターの中にあります。看板は小さくて、知らなければ見落としてしまいそう (PHOTO/Tomohito Ishimaru)


いやフツーですね。いたってオーソドックスなボウリング場です。


値段は1ゲームで$2〜$5(時間や曜日によって変動)。値段もフツーです。




じゃぁなんで取材に行ったの? そんでもってわざわざブログで紹介するの?


なぜなら。。



アミューズメント施設の常識を覆す”本気すぎるレストラン”が、しかもさりげなく併設されてて、ほんとにびっくりしたから報告します


というわけです。


普通、アミューズメント施設のご飯ってイケてないじゃないですか。


誰もそんなに期待していないってのもあるのだろうけど、日本はもとよりハワイもそういった食事処は高い、マズイは当たり前。


だいたいハンバーガー、ピザ、ホットドッグに炭酸飲料で以上! みたいな。。。


でもこちらのボーリング場併設のレストラン ALLEY RESTAURANT は、そんな心持ちで足を運ぶと、ガッツリ裏切ってくれます。もちろん良い意味で。




内観はこんな感じ。


古き良きアメリカンな感じの内装(PHOTO/Tomohito Ishimaru)


アメリカのファミレスの様な典型的な感じです。スコーン、スコーンってピンが倒れる音をBGMに、ローカルの皆さんが楽しそうに食事してます。撮影で訪れたのは朝の11時前だったのですが、食事時になると昼も夜もかなり混みます。



お酒も置いてます。ボーウリングしながらは飲めないでしょうが(PHOTO/Tomohito Ishimaru)


このレストランは料理のジャンルで言えばアメリカン&ハワイアン料理となるのでしょう。


まずここのシグニチャーディッシュのひとつ、オックステールスープです。



PHOTO/Tomohito Ishimaru)

日本の定食みたいなルックスになってますが、オックステールの出汁が濃厚で美味かった〜。ご飯がススム&ススム君です。



(PHOTO/Tomohito Ishimaru)

こちらはテイスティーチキン。まんま鳥の唐揚げ定食。サクサク&ジューシーで安定の旨さですが、地元のグルメ賞を受賞した一品でもあります。


このほかスパイシーシュリンプ、ロコモコ、フリカケアヒなんかが人気だそうです。


先に述べた様に本気のレストランなのでかなりメニューが豊富。


きっとお気に入りの一品が見つかるはずです。



食事だけでなくスイーツも充実しています。中でも人気なのは写真のレモンクランチ。日本人にはちょっと甘いかな。でもレモンの風味が効いててクセになりそうなテイスト(PHOTO/Tomohito Ishimaru)


しかしなぜに、アミューズメント施設のレストランなのにこんなに充実してるのか!?


じつはホノルルのグルメアワードでも表彰されちゃうくらいのシェフが腕をふるっているからです。


人気すぎてテイクアウトも始めて、ローカルたちがランチや勤め帰りに寄って列をなすのが当たり前の風景に。。。


信じられます? ボーリング場の食堂に外から買いに来るんですよ!




普通に食事もよいですが、レストランALLEYでは Tasty Tuesday  なるイベントも開催しています。


毎週火曜日の夜にシェフが腕をふるった5品のコース料理が食べられるというもの。しかも一人$42と安い!


コースメニューは毎月変わるので、月一で必ず訪れる常連も多いそう。これに関しては要予約です。




左のちょい強面金髪の御仁がシェフのグレンさん。ベースはフランス料理だそうです(PHOTO/Tomohito Ishimaru)


しかしボウリング場にこんな美味しいレストラン、しかもコース料理も楽しめるとなれば、デートにも使えそうです。


ほら、恋愛のポイントってギャップじゃないですか。下げといて上げる! みたいな。




男「今夜だけどさ、ちょっといいとこ連れてってあげるよ」


女「え、どこ!? ワクワク」


男「ついたよー」


女「え? ただのボウリング場じゃん。いいとこって言うから期待してたのにー」

(下げ1)


男「まぁまぁ、久しぶりのボウリングもいいじゃない」


〜 ボウリング中 〜


女「やっぱり久しぶりにやると意外とボウリングも楽しいものね。でもなんだかお腹すいてきちゃった」


男「でしょ。じつはコース料理が楽しめるレストラン予約してるんだ」


女「えー、うれしい! どこのレストラン??」


男「え、ここだよ。ほら、あそこの」


女「はぁ!? ボーリング場の食堂じゃない。本気で言っているの?」

(下げ2)


男「そう言わずに騙されたと思って食べてみてよ」


女「え!? あれ、美味しいんだけど」


男「ほら、メインが運ばれてきたよ」


女「美味しい! 最高! こんなところがあるなんて知らなかった〜」

(上げMAX)



的な!



おっと、妄想の旅に出てしまいました。


しかも2段下げからの上げMAXはかなりの高等テクですね。自分にはできません、失礼いたしました。




しかしローカル色満開のボーリング場、だけど美味しいレストラン、それもハワイで。。。


というのは、ひととおりのハワイを楽しんだヘビーリピーターの選択としてはアリかと思います。


ボウリングも料理も値段はリーズナブルですので、ぜひ機会があれば訪れてみてください。




【Maru's Star RATE】


フォトジェニック度 ★★


家族できても楽しいだろうな度 ★★★★


ローカル度 ★★★★★




Photo & Text by TOMOHITO ISHI"MARU" 石丸智仁


※本ブログの写真及び文章の転載は一切禁止です




★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★


apat-hawaii.com/


↑ ↑ ↑ ↑

現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。



http://www.tomohitoishimaru.com

↑TOMOHITO ISHIMARUホームページ

©Trip Creation Hawaii LLC    tripcreationhawaii@gmail.com